■2017年の様子


垣見さんからの手紙:2017/1/13

CRSの皆様

どんな新年を迎えられましたでしょうか。皆様お元気でご活躍のことと思います。

皆様にお世話になってから本当にいろいろなすばらしい体験をさせていただきました。

何百人もの参加者のあったパーティーをはじめ、ゴルフコンペ、二人のネパール人を呼んでの六本木での報告会。

品川駅近くの高層ビルでの報告会。

すばらしい歌手。

あるいはホテルでの報告会。

どれも私の知らない世界での一幕でした。

そして、ずっと継続的にご協力いただいているお陰で子供達の病気、怪我などに手を貸すことができ、また、3000脚に及ぶベンチ、テーブルの支援で1万人以上の子供達が今も恩恵を蒙っています。ありがとうございます。

今日は2016年8月6日に振り込んでいただきましたご支援金200,000円のうちの一部を使わせていただきましたのでご連絡させていただきます。

辺境の地、ギャンシンダーダ村の女性グループから小口貸付用の資金の要望が2015年に出ていました。皆様からの20万円の内すでに6万円は使わせていただいています。(2016.11.4付の報告は届いていると思います。)

残のうち10万円を私がネパールに戻ってすぐにこの女性グループに支援をしました。女性グループはその10万円を自分の村の人達に貸し付け1ヶ月1.5%の利息をとっています。女性たちはこの利息を自分の村の子供達のために使うと言っています。8月から12月までの5ヶ月の利息7500円(ルピーも同じ)が入ったので子供達に文具を支援するからOKバジの手から渡してほしいと言ってきました。村の子供達はこれまで一度には手にしたことがない大量のノートに喜び驚いていました。子供の喜ぶ姿、歓声というのは格別なものです。子供達だけでなく私にも大きな喜びをくださった皆様にネパールの山奥から感謝の手紙を書かせて頂きました。

ご協力ありがとうございました。

よい2017年を続けられて下さい。

ごきげんよう。

OK  Baji

P.S. ご協力ありがとうございました。これから日本への一時帰国までにまだ子供達の怪我、病気は予想されます。また、ご報告させていただきます。 

4人がけのこのベンチに7人が。

左手の教室にベンチ、テーブル10脚支援

2017/1/6

準備された文具

利息7500ルピー(7500円)分の文具です。

お兄さんの分も。持ちきれない!

ギャンシンダーダ村で

2016/12/28

こんなにもらっちゃった!

ありがとう!CRSの皆さん!

ギャンシンダーダ村で

2016/12/28

サハルコット郡プランチール村

Hum Bahadur (4歳)

肺の病、手術成功。

カトマンズで手術

追いかけっこをしていてつい夢中になっちゃった。

高さがありすぎた。

ミッテル郡 ビルパン村

Bhim Bahadur Somai(5歳)

ミッション病院へ

パルパ県 ミッテル郡 グンシパール村

ミッションへ送った

Pahal Singh Garti(12歳)

2016/11/4


 


Copyright© 2005 CHILDREN RELIEF SOCIETY. All rights reserved.