■2013年の様子


 
垣見さんからの手紙:2013/12/20

どんな毎日を過ごされていらっしゃるでしょうか。

皆さま、お元気ですか今日はお礼そしてお知らせです

今夏2人のネパールからの来客をお招きいただき、ほんとうにうれしく感謝しています。忙しい15日間でしたが、2人が得たものは大きな収穫でした。

今日のお知らせは その収穫の一部を「日本見聞録」としてまとめ 皆さまにお送りすることです。

ネパール語で書かれたものですが、今、英語に翻訳してくれています。そして、それを元にさらに日本語に翻訳したいと思っています。来年2014年3月14日までには日本語版は間に合わないと思いますが、5月末の帰国までには間に合わせたいと思います。

それで一つお願いです。英文から日本文に翻訳してくださるボランティアの方は、いらっしゃいませんか。

英文で書かれている意味を伝えていただければ“充分だ”と、ネパール語での筆者メグラージュ・シャルマ氏が言っています。どなたかぜひぜひ名乗りでて助けてください。

お前がやれ!と言われても今もそんな力はありません。

よろしくおねがいします。

俺が、私が、と言う方は、“いきいきフォーラム・草の根支援”様にご連絡ください。

Tel:043-222-0833 又は090-5820-1156(宇野真人理事長へ)お願いします。

                             OK  Baji




■日本見聞記

 

■日本見聞録(本の表紙。裏面)


 
垣見さんからの手紙:2013/12/9

どんな秋を過ごされましたでしょうか。

皆さま、お元気でご活躍のことと思います。

今日は小さなお知らせと大きなお礼です。

過日は2人のネパールからの客人をご招待くださり、ほんとうにありがとうございました。

2人にとって日本での初パーティー。とてもインパクトの強いパーティーだったとのことでした。

今日は怪我人への支援と双生児2組の支援の写真、さらに机、いすの支援の模様の写真と礼状を同封いたしましたので、お送りいたしました。御覧ください。

2014年3月14日の20周年の式典にはどなたが参加してくださるのでしょうか。その日の前後、及び式の当日は皆さんにも来て頂いても 「ようこそ。ありがとうございます。腹はこわしていませんか。」ぐらいしか挨拶ができないと思いますが。

村人たちは2万人集まり、20年の日本の皆さんからの支援に感謝の気持を表してくれると思います。

ぜひ、その雰囲気を味わって下さい。

それともあと10年後の30周年記念の式に?その前にぼくの葬式に?

良い2013年を続けられて下さい。

ごきげんよう。

                             OK  Baji



同封した感謝状を運営委員長から受け取る。

2013年10月24日

ジャミレ郡

Jana Priya校のベンチとテーブル、ノート、教科書を置くラック付

50,000ルピーの支援

10セット支援
アカラ小学校

2013年10月24日

緑内障で固め失明 15歳
カトマンズで治療
パルマ県ガルダ郡ガブダーダ村

2013年10月2日

タンセン・ミッションホスピタル

13歳 聾唖者 左足骨折

10,000ルピー支援

2013年10月1日

パルマ県ガルダ郡ライコット村

双子 2ヶ月

4ヶ月分として4000ルピー支援

2013年10月22日


 
垣見さんからの手紙:2013/9/10

どんな秋の風を愉しまれておられるでしょうか。

ネパールはやっと雨が少なくなりかけています。

昨日の晩は本当に久しぶりの天の川でしたが、まだ星の光が鈍く感じられます。

皆さま、お元気ですか。

今日はお礼とお知らせです。

過日は2人のネパール人をお招き下さりありがとうございました。

私がこれまで申し上げたことのない新しい話が聞けましたでしょうか。

今日は小さなお知らせです。

村歩きを始め、少しまとまってからお知らせをと思っていましたが、あとでと言っていると忘れる心配がありますので、今日お知らせします。

18最同士のご夫婦が子供をもうけたのはいいのですが、子供が生まれた翌日母親が死んでしまいました。ミルクが買えない貧しい家庭であるため、6ヶ月分約9000円の支援を決定し、ミルクをまず3ヶ月分届けました。

今は夫の母親が育てています。

1年後、2年後を楽しみにしています。

ご協力ありがとうございました。

よい2013年を続けられて下さい。

ごきげんよう。

                             OK  Baji





 
垣 見さんからの手紙:2013/1/13

報告が遅れ気味で申し訳ありません。

子供への手助けは進んでいます。

写真ばかり増えてしまい、報告が遅れてしまいました。

今日はお知らせです。

毎年1月1日に行われているパルパ県高校バレーボール大会は今年も無事行われました。

今年は昨年と違ってすき通った青空の下で例年通り行われました。年々レベルがあがっているうれしさです。

今日は第1〜第3地区予算のうち2・3の地区予選の写真と決勝のときのものを同封しましたので御覧ください。

病人はどこへ行っても出会います。今日はお送りした中で腹の大きな兄弟を見るに見かねてお金のことは考えずとにかく治療を。と会った瞬間手はずを整えてしまいました。19歳の子が杖をついている姿が痛々しかったからです。

助けてー!と新聞に出してもらいました。劇的なことが起こり今2人はカトマンズのティーチングホスピタルにいます。

体が衰弱しているので体力をつけてから手術するとのことです。

この手紙がそちらに着く頃は手術は終わっていると思います。

その他、2人の心臓の手術は終わりました。よかった!

また、ご連絡いたします。

ごきげんよう。

                             OK  Baji




パルパ県高校バレーボール大会







 

 


Copyright© 2005 CHILDREN RELIEF SOCIETY. All rights reserved.