■2011年の様子


 
垣 見さんからの手紙:2011/10/18

CRSの皆さま    

どんな秋を迎えていますか? “大変”ではなく“少々”ご無沙汰してしまいま した。
申しわけありません。

土倉さんからお預かりした写真の事が気になりながら、なかなかチャンスがな く、土倉さんのお言葉に甘えて、“ついでの時”に情報を、と思ってしまい、遅くなってしまい申しわけありません。

写真を村人達に見せながら、子供達はその後どうなった?と尋ねると“良くなっ た”“治った”という答えについまたまた甘えてしまい会いにいっていません。写真を撮りましたらお送りしますのでお待ちください。

同封した写真で、お分かりだと思いますがBal Jotiがやっとここまで来 ました。

話を聞いてみると、色々なことが有って遅れたことが分かりましたが、矢張りネパール流と、思わざるを得ません。2011年12月28日までに完成をさせ、 完成式をおこなうという事で帰ってきました。

その他の情報は逐次ご報告させてください。

OK Baji

遅くなりましたが努力のあとが感じられました。


2枚とも、Bal Joti小学校
    2011,10,17日現在です

2階が立ち上がりました。ネパール流になってしまいました。 申 しわけありません。

 
垣 見さんからの手紙:2011/2/15

CRSの皆さま    

どんな2011年を過されていらっしゃるのでしょうか? 御無沙 汰していま す。 お元気ですか?
今日は幾つかのお知らせとお礼です。 

*ガダコット・パンテのヘルスポストから「偶には観に来い」との ことで行って きました。建物は新築当時(2006年)のようにきれいに保たれていました。門も出来securityもOKとのこと。
よりよい「モデルヘルスポスト」との事です

*2011年1月1日 パルパ県高校バレーボール大会の第3回目 が行われまし た。  今、20万ルピーの基金を持っています。 当初30万円(18万ルピー)から始めました。 大きな大会なので経費もかかり、会計報告によるとこれまで3 回の累積赤字が67,000ルピーほどあります。 基金増額にご協力いただけると継続していけると思います。これまでパルパ県では初めての試みなので、是 非継続させたいと思っています。大会継続の基礎になる基金をしっかりさせてから、あの世へ?(僕がですよ) 

*医療支援 3.000ルピーほどの小さなことでも言ってくると ころ、個人が 有ります。  この頃は10.000ルピー以上かかったケースのみ、家庭の事情を聞いて支援しています。 

*片岡さんから送っていただいた温かいセーター類はいつも世話に なっている 人・或いはボランティアという形で手助けをしてくれる若者などにも支援させてもらいました。 

*太森さんから頂いた白のシャツが村の財産としてバレーボール チームのユニ ホームになっています。 自分が使ったものは洗って村に返す。 ユースクラブが管理をしています。

まだ報告したいこと、しなくてはならない事は沢山あるのですが、 今日はこれで 失礼させてください。
ごきげんよう。 よい2011年を続けてください。

OK Baji

現在のヘルスポスト

パルパ県高校バレーボール大会の様子





 


Copyright© 2005 CHILDREN RELIEF SOCIETY. All rights reserved.