1997年

*ユーゴスラビアの内戦による難民キャンプの子供たちへのピアノ代金
*バングラディッシュ・チョールベラボー・ノモパラ村の貧困家庭の子供達99人分の1年間の補修学習費用の全額

1998年

*バングラディッシュ・ノモパラ村の子供達の補修学習費用の継続支援
*ネパール・東パルパ県の小学校の机と椅子の材料費(土間に座って学習している)

1999年

*ネパール東パルパ県・難病にかかっても病院に行かれない子供達の為の医療費としてCRS医療基金を設立。小学校の机と椅子の材料費。ガウリシャンカー中学校の全面補修と増築費用。

2000年

*ネパール東パルパ県、CRS医療基金追加・ガウリシャン小学校校舎補修費・机と椅子金
*モンゴル・ウランバートル、マンホールチルドレンの増加を防ぐための母子センター(ヤルグイセンター)建築の全費用と1年間の維持費の一部

2001年

*モンゴル・ヤルグイセンターの維持費の一部
*ネパール東パルパ県、CRS医療基金の追加・小学校の机と椅子代金の追加・バルジョディ小学校新築の全費用

2002年

*モンゴル・ヤルグイセンターの維持費の一部
*ネパール・東パルパ県、CRS基金の追加・小学校の机と椅子代金の追加

2003年

*モンゴル・ヤルグイセンターの維持費の一部
*ネパール・東パルパ県、スポーツ基金を設立・CRS基金の追加・小学校の机と椅子代金の追加

2004年

*モンゴル・ヤルグイセンターの維持費の一部
*ネパール・東パルパ県、垣見奨学基金を設立・CRS医療基金の追加・スポーツ基金の追加支援活動行動及び病人搬送目的のジープ購入代金の一部
*新潟中越地震被災地に対する見舞金

2005年

*モンゴル・ヤルグイセンターの維持費の一部
*ネパール・東パルパ県・ガダゴット郡にヘルスポストを建設

2006年 *ネパール・東パルパ県・小学校の机と椅子代金の追加
2007年

*スリランカ・スプートニク孤児院の1年間の食事代
*ネパール・東パルパ県・貧困母子家庭の子供たちに対する支援基金の設立・バルカラヤン小学校の増築

2008年

*スリランカ・スプートニク孤児院の1年間の食事代
*ネパール・東パルパ県・ダブラ小学校・ジャブダーダ小学校2校の建設費用

2009年 *ネパール・東パルパ県・小学校の机と椅子代金の追加
2010年

*机と椅子の継続支援
*スポーツ基金の少額補充

2011年

*机と椅子の継続支援(少額)
*スポーツ基金の本格的な補充
*東日本大震災被災者への寄付

2012年 机と椅子の継続支援
2013年 けが人への支援及び机・椅子の継続支援

皆様からお預かりをした支援金を最大限に有効活用するためには、どうしても発展途上国がその対象になります。

 

※上記の補足説明

 国内のいくつかの障害児施設と話し合いをしましたが、先方の要求があまりにも贅沢なことと、我々の準備出来る支援金では役に立たないので現在国内には支援先がありません。
 支援させてもらっているといっても、現地との交流が出来なければ、支援している意味がありませんので、最初のところは継続ができていません。
(支援をするために、高い費用で先方まで出かけるのは意味がなく、その費用を支援に使った方がお金が行きます。)
 ネパールには、「垣見一雅」という人がいて(東京の高等学校の英語の先生をしていた人で、10年前からネパールの山奥で、村人と一緒に暮らしながら、ひとりで支援している人)を通じて、支援を継続、拡大しています。
 ヤルグイセンターとは、直接連絡をしながら継続をしています。
 ネパールの机といすは、東パルパ県の全域で、トータル6,800人の子供たちがつかってくれています。
 ネパールのCRS基金によって450人の子供たちが治療をうけました。
 これまでの支援総額は¥18,200,000になります。
 ネパールの「机といす」「CRS医療基金」は現在22箇所の現地NGOを拠点として、前出の垣見さんが管理をしながら運営しています。
 机といすは、骨格の鉄パイプを提供して村人が板を削り打ち付けます。(村人参加型事業)

以上ですが、我々が常々注意している点があります。

それは「けっして支援しているのではなく、支援をさせてもらっているという意識を忘れないこと」「支援を受ける側に、ただ与えられるのではなく、自分たちの出来る事はするという意識をもってもらうこと」の2点です。人間誰しも与えられる事に慣れると他人を頼ってばかりいる人間になり、その与えられる事を次々にエスカレートさせて要求することになりがちです。

■垣見一雅氏プロフィール

 

Copyright© 2005 CHILDREN RELIEF SOCIETY. All rights reserved.